FC2ブログ

とーるのにっき

とーるのにっきです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤ちゃんポスト~殺されるよりマシ

 最近、ちょっと話題になってるね。
 とある病院で、24時間体制で捨て子を受け入れる「ポスト」のようなものを作るという話。
 その「ポスト」に赤ちゃんを入れると、ナースセンターでブザーが鳴り、すぐに保護するそうな。
 捨て子により死んでいく子どもを減らそうという試みだね。で、やっぱり捨て子を助長するんじゃないかっていう意見も出ている。

 あまり大きなニュースにならないから、記憶に残らないかもしれないけど、実は捨て子は、時々ある。
 たまたま通行人に見つけられて、新しい家族を得て特別養子縁組をしている子もいる。
 ひどいケースでは、生まれてすぐに殺されて、あとで白骨化した遺体として見つかる場合もある。

 俺は常々思っていた。
 子どもを捨てるなら、病院なり児童相談所なりの玄関に置いて、チャイムをならしてから逃げて欲しいと。
 死に至るまでの虐待をするなら、子どもを捨てて欲しいと。

 というわけで、基本的には俺は、「赤ちゃんポスト」設置に賛成。
 それで捨て子が増えたって、いいじゃない。ポストがあるからといって捨てるような親元で育てられるのと、子どもが欲しいという人の元で育てられるのとを比べたら、捨て子が増えることがそんなに大きなデメリットだとは思わない。
 いつでも安全に捨て子ができる場があるという安心感を持つことによって、子どもを殺さずに育てようという意欲がわくことだってあるじゃない。

 そう、思わね?
スポンサーサイト
  1. 2006/11/09(木) 18:30:34|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<金銭トラブル? いじめ? | ホーム | 竜巻の話>>

コメント

捨て子ポスト

私は、前のライブドアのブログの2005年04月10日に、ドイツのブルックリンでは捨て子ポストがあると書いたことがあります。
日本にもそういったものが出来るのであれば良いと思います。
私も賛成です。

ちなみに、私の親戚は町の消防署の前に置き去りにされた捨て子を引き取って育てています。
もう小学生になりました。
血はつながってないのにお母さんに似てぽっちゃりした可愛い子に育ちました。
  1. 2006/11/09(木) 20:44:19 |
  2. URL |
  3. 神崎百合華 #-
  4. [ 編集]

 その記事、たぶん、読んでないです(^^;

 そのような子もいるんだから、捨て子=不幸と決め付けられるものではないですよね。
 寒空の中で死んでいくのに比べたら…。
  1. 2006/11/10(金) 08:21:41 |
  2. URL |
  3. とーる #jUkBgfwk
  4. [ 編集]

たしか、ドイツ以外でもそういう国があったよ。
どこの国か忘れたけど、ヨーロッパではなかったはず。

私も赤ちゃんポストは賛成派。
その国に赤ちゃんポストがあるってTVで見た時に、何で日本にはないんだろう?って思った。
捨て子がそこへ集中するなら、その方が子どものためにも良いと思う。
生んだ後に行く場所が出来れば、殺されることも放置されることも無いもん。

  1. 2006/11/11(土) 03:40:23 |
  2. URL |
  3. mimi #1n9Tsjm2
  4. [ 編集]

う~ん・・・
私も赤ちゃんの命を守るためという意味ではあってもいいと思うんだけど~。

子どもが大きくなって、自分の産みの親のことが全くわからないっていうのは、子どもにとってどうなんだろう~?と思う。

気にしない子は気にしないだろうけど、こだわる子はこだわるだろうな~・・・

あと、里親に預けられる子も多いんだけど、実親の既往症とかわからないから、病気になったりした時の対処がいつもドキドキだったり・・・

出来れば、子どもを産んでしまったのなら、子どもの親として最低限、子どもへのメッセージを、産婦人科医でも児童相談所でも親戚でもいいから、誰かに託してくれないかな?と思う。

子どもを棄てることを責められる人の気持ちや子どもの命を大切にすることも大切だけど、子どものために前向きに何ができるかを、もっと世間で認識していかなければ・・と思うんだけど・・・
理想論かな(6 ̄  ̄)ポリポリ
  1. 2006/11/11(土) 09:47:06 |
  2. URL |
  3. さわっち #Ded2bQhw
  4. [ 編集]

>みみりん
 イタリアにも、そういうのがあるって、どこかのテレビでやってた気がする。
 ヨーロッパ以外ってのは、分からないなぁ(^^;

>さわっち
 うん。本来、子どもを育てられない場合でも、親としての最低限の責任は果たすべきだと思う。そのような手続きとか、情報をしっかり伝えるとかは、その最低限の責任だと思う。
 そういう意味では、ただ「赤ちゃんポスト」を作りっぱなしにするだけじゃなくて、子どもを育てられない事情がある場合にはどうするべきかっていうのを伝える手段も考えなくちゃいけないのかもね。
  1. 2006/11/11(土) 15:09:31 |
  2. URL |
  3. とーる #jUkBgfwk
  4. [ 編集]

あくまでも命の保障って程度じゃないのかな?今の段階では・・・。
と、私はこの「赤ちゃんポスト」の報道を聞いた時にはそう感じたの。

タイトル通り「殺されるよりマシ」って感じだと思う(^-^;
  1. 2006/11/11(土) 23:47:10 |
  2. URL |
  3. mimi #1n9Tsjm2
  4. [ 編集]

 うん。
 「親がこうあるべきだ」っていうのと、「子どもの命を救うべきだ」っていうのと、両方の見方があるんだと思う。
 「親が」という原則論は原則論として、とりあえずは置いておいて、子どもの命を救おうっていうのが、今回の「赤ちゃんポスト」だと思う。
 だから、「赤ちゃんポスト」は推進していってほしい。
 今、現実に殺されてる赤ちゃん達がいるんだから。

 一番大切な部分は、赤ちゃんの命を守るってことだと思う。
 その一歩進めたところでは、親としての最低限の義務があるんだよ、というメッセージをどう伝えるかが課題なのかもしれない。
 「赤ちゃんポスト」反対派に対して説得力を持つためにも、その伝え方も一緒に考えていくことも大切なのかもしれないな、と、さわっちの書いたことを読んで思った俺でした。
  1. 2006/11/12(日) 08:37:14 |
  2. URL |
  3. とーる #jUkBgfwk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toru1012.blog31.fc2.com/tb.php/230-0cbbe9b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とーる

Author:とーる
クリックで救える命がある
骨髄バンク体験記
ノーザンロード・クラシックカーフェスティバル
とーるな感じ


amazonへのリンクです。
すんません。本を買う足しにさせてください(^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。