FC2ブログ

とーるのにっき

とーるのにっきです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今度はゲド戦記

これも、また、別の某所で評判の悪いゲド戦記(^-^;
これは、「テルーの唄」の作曲が谷山浩子さんなので、観なくちゃなんない。
全体としては悪くないと思う。
でも、今一つ、分からないとこがある。
俺は、映画に関する理解力は、そこそこあると思ってたけど、ちと自信がなくなってきた(^-^;
ま、いっか。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/15(火) 18:55:07|
  2. 日常な感じ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<オープンカーやけ | ホーム | 映画「笑う大天使」その2>>

コメント

私は観ないと思います

偶然おすぎがラジオで批評しているのを聞いたのだけれども、星一つでした。
一言で言うと、お父様の作品と比べると空間の使い方や動きがうまくないらしいのです。
それに、お子様が観てわからないような内容であったそうです。
観てないからなんともいえないけど、スタジオジブリの作品って基本的に子供が観て楽しめる作品だと思っていたのだけど、原作にはまったく戦争シーンのない「ハウルの動く城」を戦争映画にしてしまったのも気に食わないし、「ゲド戦記」だってタイトルからもろに戦闘物でしょう?最近のジブリ作品はわざわざ戦争シーンを持ってくるのが気になります。
「ナウシカ」も「天空の白ラピュタ」も「もののけ姫」も戦いのシーンのある映画だったけれども、ストーリー上必要性があったし、ファンタジックでお子様にもわかりやすい内容でした。
というわけで、今年のジブリ作品は、私的には不作でした。
  1. 2006/08/16(水) 16:28:18 |
  2. URL |
  3. 神崎 百合華 #-
  4. [ 編集]

 映像のことはよく分からないけど、言われてみれば、そうかもしれないですね。
 全体に単調な印象があるのは、そういうこともあるのかもしれない。
 お子様が見て分からないというのは、今までの作品だってそうだと思います(^^;
 特に、「もののけ姫」なんて、大人だって表面的なテーマまでしか分からなくても普通だと思うし。
 原作を読めば、つかめるのかもしれないという部分があって、そこは俺でもよく分からないです。が、表面的なテーマなら、子どもでもつかめそうだと思います。
 ちなみに、「戦記」なのに戦争は出てきません(^^;
 「ハウルの動く城」も、正直、よく分からなかった(^^;
 ま、それはそれとして、あくまで「悪くはない」というレベルなので、特にお勧めはしません。
  1. 2006/08/16(水) 19:11:39 |
  2. URL |
  3. とーる #jUkBgfwk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toru1012.blog31.fc2.com/tb.php/194-fe186702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とーる

Author:とーる
クリックで救える命がある
骨髄バンク体験記
ノーザンロード・クラシックカーフェスティバル
とーるな感じ


amazonへのリンクです。
すんません。本を買う足しにさせてください(^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。